コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春色梅児誉美 しゅんしょくうめごよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春色梅児誉美
しゅんしょくうめごよみ

人情本為永春水作。4編 12巻。天保3 (1832) ~4年刊。人情本の代表作。落魄した唐琴屋丹次郎に,恋人の深川芸者米八,いいなずけのお長がおのおの恋のさやあてをしながら献身的にみつぎ,お長が妻に,米八が妾に納まるという筋で,これに侠客藤兵衛と女髪結いおよしの恋などがからむ。時代を鎌倉時代とし,丹次郎は実は榛沢 (はんざわ) 六郎成清の落胤であり,お長も本田次郎の娘であるという設定であるが,読本的な伝奇性をほとんどもたず,主眼が江戸深川を背景とする恋愛描写におかれている点に人情本としての特色がある。大人気を博し,丹次郎は色男の代名詞となり,続編『春色辰巳園 (たつみのその) 』 (33~35) ,『春色恵の花』 (36) ,『春色英対暖語』 (38) ,『春色梅美婦禰』 (41~42) が生れて梅暦シリーズ 20編 60巻を形成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅんしょくうめごよみ【春色梅児誉美】

人情本。4編12冊。為永春水作。天保3~4年(1832~1833)刊。美男子丹次郎と、二人の深川芸者米八、仇吉との恋を描く。人情本の代表作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

春色梅児誉美【しゅんしょくうめごよみ】

江戸末期の人情本。1832年―1833年刊。春色梅暦とも書く。為永春水作。柳川重信・重山画。4編12冊。色男の唐琴屋丹次郎と,深川芸者米八・仇吉,許嫁(いいなずけ)のお長の恋のもつれを,下町情緒豊かに描く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんしょくうめごよみ【春色梅児誉美】

人情本。為永春水作,柳川重信画。外題〈梅児誉美〉,内題〈春色梅児誉美〉。4編12冊。初・2編1832年(天保3),3・4編33年刊。鎌倉恋ヶ窪(江戸吉原)の遊女屋唐琴(からこと)屋の養子丹次郎(たんじろう)は,悪番頭に家を追われて落魄しているが,その丹次郎に,唐琴屋の娘でいいなずけのお長(ちよう),丹次郎の恋人で,唐琴屋の内芸者だったが後に婦多川(ふたがわ)(深川)の芸者になった米八(よねはち),米八の傍輩芸者仇吉(あだきち)の3人が,それぞれ義理と意気地をみがきながら尽くすという,複雑な恋愛関係を描いた作品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんしょくうめごよみ【春色梅児誉美】

人情本。四編一二冊。為永春水作。柳川重信絵。1832~33年刊。美男子丹次郎とその許嫁いいなずけお長、深川芸者米八などの恋のもつれを描く。人情本様式を確立した作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春色梅児誉美
しゅんしょくうめごよみ

為永春水(ためながしゅんすい)作の人情本。4編12冊。初・2編は1832年(天保3)、3・4編は33年刊。柳川重信(やながわしげのぶ)・重山画。鎌倉恋ヶ窪(こいがくぼ)の遊女屋唐琴屋(からことや)の養子夏目丹次郎(たんじろう)を主人公に、その許嫁(いいなずけ)のお長(ちょう)(お蝶)、丹次郎の恋人で婦多川(ふたがわ)(深川)の芸者米八(よねはち)、米八の傍輩(ほうばい)芸者仇吉(あだきち)の3人が、それぞれ意気地(いきじ)と義理を貫いて丹次郎に尽くすという、複雑な三角関係の恋愛を描いた風俗小説である。競争者を意識して燃え上がる3人の女性の意気地と恋情が、的確な江戸下町の自然、風俗を背景に、会話を主として、場面場面の描写を積み重ねて構成を重視しない、のちに為永流と称される作風で描き尽くされている。読本(よみほん)、草双紙(くさぞうし)の伝奇的要素と、洒落本(しゃれぼん)、滑稽本(こっけいぼん)の写実的要素が渾然(こんぜん)と融合し、明治の硯友社(けんゆうしゃ)文学につながる写実的風俗小説たりえている。春水人情本の代表作であり、後世色男の代名詞を丹次郎と称するほど読者に歓迎された、人情本の代表作でもある。本書によって春水は「東都人情本の元祖」(3編序)を称し、続編に『春色辰巳園(たつみのその)』(1833~35)、『春色恵之花(めぐみのはな)』(1836)、『春色英対暖語(えいたいだんご)』(1838)、『春色梅美婦禰(うめみぶね)』(1841)があり、全20編60冊として、「梅児誉美」シリーズは完成している。[神保五彌]
『中村幸彦校注『日本古典文学大系64 春色梅児誉美』(1962・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の春色梅児誉美の言及

【為永春水】より

…この時期の作品のほとんどは友人,門人たちとの合作であり,戯作者志望の文学青年や狂言作者の草稿を,書肆の立場を利用して出版したものである。29年,それまでの2世南仙笑楚満人の号を捨てて為永春水を名のるが,同年3月火災で青林堂を失い,門人,友人たちの多くが離反し,苦心のすえ32年(天保3)情痴的恋愛小説《春色梅児誉美(しゆんしよくうめごよみ)》初・後編を発表した(全4編,1833刊,完結)。この作品は若い婦女子の読者から熱狂的歓迎を受け,春水は一躍文壇の第一線に登場し,自ら〈江戸人情本の元祖〉を名のった。…

※「春色梅児誉美」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春色梅児誉美の関連キーワード為永春水(初代)初代為永春水化政文化曲山人

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春色梅児誉美の関連情報