ふがいない僕は空を見た

デジタル大辞泉プラスの解説

ふがいない僕は空を見た

窪美澄の連作短編小説。2009年にR-18文学賞大賞を受賞しデビューのきっかけとなった「ミクマリ」など5作品からなる。2010年刊行。2011年、第24回山本周五郎賞受賞、また第8回本屋大賞にて2位入賞。表題作は2012年、タナダユキ監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふがいない僕は空を見たの関連情報