コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無形文化遺産保護条約 むけいぶんかいさんほごじょうやく

知恵蔵の解説

無形文化遺産保護条約

2003年の国連教育科学文化機関(ユネスコ)総会で採択され、06年に発効した、無形文化遺産の保護に関する条約の通称。条約締結国が自国内の無形文化遺産を特定し、その目録から人類の無形文化遺産の代表的一覧表や緊急に保護する必要があるものの一覧表を作成する。世界遺産が建造物や自然環境など有形のものを対象とするのに対し、無形文化遺産は世代を継いで伝わる、民族文化や伝統の保護を目的としている。
条約では無形遺産を「慣習、描写、表現、知識及び技術並びにそれらに関連する器具物品、加工品及び文化的空間であって、社会、集団及び場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるもの」と定義する。分野としては、(1)口承による伝統や表現(言語を含む)、(2)芸、(3)社会慣習、儀式や祭礼行事、(4)自然や万物に関する知識や慣習、(5)伝統工芸技術の五つが挙げられる。
日本では、文化庁の文化審議会文化財分科会に「無形文化遺産保護条約に関する特別委員会」を設置して調査・審議を行い、多様な無形文化財を代表一覧表に記載するための提案を行っている。また、条約発効以前にユネスコが実施していた「人類の口承及び無形遺産に関する傑作の宣言(傑作宣言)」に示された能楽、文楽、歌舞伎など90件も08年に条約の代表一覧表に統合された。09年以降、宮内庁式部職楽部の雅楽や島根県石州半紙、京都祇園山鉾(やまぼこ)、北海道アイヌの古式舞踊など、伝統的な産物や行事など無形文化財や民俗文化財が登録され、13年には「和食:日本人の伝統的な食文化」も一覧表記載が予定されている。

(金谷俊秀 ライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

無形文化遺産保護条約

歴史的な建造物や自然環境が対象の世界遺産とは異なり、人から人に伝えられる文化の保護を目的にした条約。06年に発効した。無形遺産を(1)口承による伝統と表現(言語を含む)(2)芸能(3)社会慣習や儀式、祭礼行事(4)自然や森羅万象に関する知識や慣習(5)伝統工芸技術、と定義する。代表リストと緊急リストに分けて登録される。代表リストには既に、ユネスコの国際選考委員会が01~05年に選んだ「人類の口承及び無形遺産の傑作」の90件が登録されているが、無形文化遺産委員会による選考は今回が初めて。緊急リストは今回が初登録となる。

(2009-10-23 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

むけいぶんかいさんほご‐じょうやく〔ムケイブンクワヰサンホゴデウヤク〕【無形文化遺産保護条約】

《「無形文化遺産の保護に関する条約」の略称》世界各地の無形の伝統文化遺産を保護し、受け継ぐための条約。2003年ユネスコ総会で採択、2006年4月発効。→無形文化遺産
[補説]有形の文化遺産自然遺産複合遺産を保護するために1972年に成立した世界遺産条約の無形文化遺産版といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

無形文化遺産保護条約【むけいぶんかいさんほごじょうやく】

2003年にユネスコ総会で採択され2006年に発効した,無形の文化遺産を保護するための条約。日本は2004年に批准。保護の対象は,口承文芸などの伝統と伝達手段としての言語,芸能,社会的慣習,儀式,祭礼行事,伝統工芸技術など多岐にわたり,関連する器具,物品,加工品,文化的空間も含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無形文化遺産保護条約
むけいぶんかいさんほごじょうやく

世界無形遺産」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

無形文化遺産保護条約の関連キーワードアジア太平洋無形文化遺産研究センターユネスコ(UNESCO)ユネスコの無形文化遺産ユネスコ無形文化遺産トルココーヒーキムジャン文化メキシコ料理フランス料理地中海料理人形浄瑠璃パンソリ日本料理越後上布細川紙馬頭琴ワヤン結城紬和紙補説組踊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android