ふさぶさしい(読み)フサブサシイ

デジタル大辞泉の解説

ふさぶさ‐し・い

[形]《近世語》
大げさである。仰々しい。
「ちっと―・いが百千万と書いてくだんせ」〈咄・鹿の子餅
図太い。厚かましい。
「うぬが自由にさせるものか、―・い」〈人・辰巳園・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふさぶさ‐し・い

〘形口〙 (「ふさふさしい」とも)
① 大げさである。仰々しい。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一三(1763)天二「ほれたとは・ふさふさしくていいにくひ」
② ふてぶてしい。図々しい。あつかましい。図太い。横着である。
咄本・座笑産(1773)花見「仕事司、弁当をこしに付、弐人つれにて花見に行き、なんた、ふさふさしい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android