ふるえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふるえ
ふるえ / 震え
tremorshaking

医学用語では振(震顫(しんせん))ともいい、拮抗(きっこう)した筋群が交互に不随意な収縮を繰り返すためにおこる比較的リズミカルな不随意性の無目的運動をいう。一部の筋や身体の一部、ときには全身に現れることもある。緊張したり興奮した場合にもみられるが、アルコール依存症、バセドウ病、パーキンソン症候群などの器質的疾患でもおこる。[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふるえの関連情報