コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振戦 シンセン

3件 の用語解説(振戦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐せん【振戦】

《「震顫」「振顫」とも書く》不随意運動の一つ。意思とは無関係に生じる律動的な細かい振動運動(ふるえ)のこと。振動の大きさ・速さ・発生状況などで分類される。ストレス・不安・疲労・甲状腺機能亢進アルコール離脱症状などでも生じるが、日常生活に支障がある場合や、重症に分類される場合は薬物治療を行う。
[補説]姿勢時振戦(字を書く時などに軽度に手がふるえる)や本態性振戦(原因不明で主に手や足が速く細かくふるえる)は高齢者に生じることが多い。安静時振戦(睡眠時など筋肉安静時に生じる荒くゆっくりとしたふるえ)はパーキンソン病の主症状の一つとされ、大脳基底部神経細胞障害によるものとされる。脳血管障害など脳疾患の後遺症として生じる場合は、大脳の一部に電極を埋め込む脳深部刺激療法DBS)などの治療が行われる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんせん【振戦 tremor】

振顫,震顫とも書く。震えの一種で,ほぼ一定の周波数をもった身体一部の不随意的かつ無目的な振動をいう。精神的緊張や筋肉疲労時に生ずる細かい手指の振戦は生理的振戦と呼ばれ,病的なものではない。病的な振戦には安静時振戦動作時振戦がある。前者はパーキンソン症候群でよく認められ,通常5Hz前後の粗大な振戦で,手指に生じることが多く,丸薬まるめ運動などと形容される。後者はさらに体位振戦運動時振戦に分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

振戦
しんせん

一般にいう「ふるえ」のことで、規則的なリズムを保って周期的に繰り返される不随意的な律動性の小刻みな振動をいう。震顫とも書く。伸張刺激により突然の筋収縮を起こす筋クローヌスや、錐体(すいたい)外路が障害され不規則な動きを呈する舞踏運動などの非律動性の不随意運動とは異なる。健常者でもふつうに生理的振戦はみられるが、病的なものはその振動の現れかたにより、静止時振戦、動作時振戦、姿勢時振戦などに分けられる。
 静止時振戦は筋運動の静止時に出現する緩慢なふるえでパーキンソン病によくみられ、強度の場合は手指に特徴的な丸薬丸め運動(振戦)として現れる。睡眠時に現れることもある。動作時振戦は運動時振戦ともよばれ、随意的に運動を起こそうとしたときにだけ現れ、運動静止時や睡眠時には消失していることが多いのが特徴である。しかし寝返りなど睡眠時の体動に伴ってみられることもある。また姿勢時振戦は姿位振戦ともよばれ、随意的に一定の姿勢を保とうとするときにだけ出現し、たとえば上肢を前方にあげたまま姿勢を保とうとすると手指や上肢に軽いふるえを伴うものなどである。姿勢時振戦はしばしば動作時振戦と同時に現れ区別のむずかしい場合もある。ほかに意図的な動作を行おうとしたとき、ゆっくりしたふるえがみられる企図振戦があるが、定義があいまいなためこの用語はあまり使われない。さらに羽ばたき振戦の用語もあり、振戦に似ているが鳥が羽ばたくように手や腕が動く運動を伴うものである。
 振戦の原因としては、甲状腺ホルモンの産生が過剰となる甲状腺機能亢進(こうしん)症、アルコールの中止による禁断症状、特定の薬剤の使用や中止、毒物の服用、ほかに疲労やストレスおよび不安などがあげられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の振戦の言及

【運動障害】より

…しかし,この過動症と無動症はけっして対立するものではなく,一つの疾患のなかで共存することもある。たとえばパーキンソン症候群は大脳基底核がおかされる病気であるが,無動症のために随意運動が行えないのと同時に,手足の振戦(震え)という過動症が加わって,いっそう重篤にしている。大脳基底核の病変では,これ以外に種々の姿勢異常や筋緊張の変化などが生じることが知られている。…

【震え】より

…身体の一部または全部が不随意的に律動的運動を起こしている状態のことで,一般にはかなり広範な意味で用いられている。すなわち,寒冷や発熱時の全身の震えshivering,緊張,興奮時の手足の震え(生理的振戦),不随意運動症としての震え(病的振戦),さらに癲癇(てんかん)による痙攣(けいれん)発作convulsionまでも含めて考えられていることがある。しかし震えということばを医学的に振戦tremorに相当することばと解すれば,全身の震えや痙攣発作は,これとはまったく異質のものであり除外して考える必要があろう。…

※「振戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

振戦の関連キーワード不随意運動嚥下運動中枢震顫・振顫・振戦随意運動随意筋不随意不随意筋震顫運動亢進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

振戦の関連情報