振戦麻痺(読み)しんせんまひ

日本大百科全書(ニッポニカ)「振戦麻痺」の解説

振戦麻痺
しんせんまひ

震顫麻痺とも書き、パーキンソン病ともいわれる。1817年イギリスの医師パーキンソンJames Parkinson(1755―1824)が発表した疾患で、多くは中年以降に徐々に発病する。特徴的な症状は四肢ふるえ(振戦)、筋肉のこわばり(筋硬直)、運動ののろさ(運動緩慢)である。進行すると前かがみの姿勢となり(姿勢異常)、転びやすくなり(平衡障害)、歩行障害が著明となる。原因は不明であるが、中脳の黒質などに存在する色素を含んだ神経細胞の数が少なくなり、この細胞でつくられるドーパミンという化学物質が不足する。パーキンソン病の治療薬として知られるLドーパは、このドーパミンの前段階の物質である。

[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android