コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へい音字母 へいおんじぼpin-yin zi-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

へい音字母
へいおんじぼ
pin-yin zi-mu

中国語を表記するために用いられるローマ字のこと。 1958年に「漢語へい音方案」で公布された。正式には「漢語へい音字母」という。これまでの「注音字母 (→注音符号 ) 」やウェード式表記法に代り,広く用いられるようになった。英語のアルファベットと同じく 26文字から成る。漢字の音を示すための表音字母であり,普通話の普及や国際交流などをねらいとして定められている。まだ漢字に代るものとしての地位は与えられていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone