コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へえ ヘエ

デジタル大辞泉の解説

へえ

[感]
感心したり、あきれたり、驚いたりしたときに発する声。「へえ、今初めて聞いたよ」
へい」に同じ。「へえ、さようでございます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へえ

( 感 )
驚いたり、感心したり、疑ったりした時にいう言葉。 「 -、彼が結婚したとはねえ」 「 -、本当かね」
(主に関西地方で女性が)応答・承諾などに用いる語。 「 -、おおきに」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

へえの関連キーワード兵庫県洲本市五色町都志中村八右衛門(2代)鈍通与三兵衛(2代)鈍通与三兵衛(初代)北海道函館市宝来町清元梅吉(初代)津打英子(初代)双蝶々曲輪日記正本屋九兵衛箕田 源二郎與兵衛野新田住友吉左衛門桑原幾太郎照幡烈之助直島(町)布屋次兵衛箕田源二郎天河屋義平母里太兵衛高橋帯山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

へえの関連情報