コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲駅新話 こうえきしんわ

1件 の用語解説(甲駅新話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうえきしんわ【甲駅新話】

洒落本。1冊。風鈴山人(ふうれいさんじん)(大田南畝)作。勝川春章画。1775年(安永4)刊。堀の内参詣帰りの谷酔(やすい)・金七の2人が新宿の遊里に遊び,半可通の谷酔が女にふられ,初心な息子金七が厚遇されるという筋に,田舎客孫右衛門の方言をしゃべるおかしさを交える。新宿を描いた洒落本の初作で,明るい笑いに彩られる。作者は山手馬鹿人(やまのてのばかひと)と同一人で大田南畝の匿名であり,その洒落本の第1作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

甲駅新話の関連キーワード辰巳之園八大山人風来山人風鈴蕎麦華街桜山人霞谷山人桃渓山人東里山人米山人蓬莱山人帰橋(2代)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone