コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲駅新話 こうえきしんわ

世界大百科事典 第2版の解説

こうえきしんわ【甲駅新話】

洒落本。1冊。風鈴山人(ふうれいさんじん)(大田南畝)作。勝川春章画。1775年(安永4)刊。堀の内参詣帰りの谷酔(やすい)・金七の2人が新宿の遊里に遊び,半可通の谷酔が女にふられ,初心な息子金七が厚遇されるという筋に,田舎客孫右衛門の方言をしゃべるおかしさを交える。新宿を描いた洒落本の初作で,明るい笑いに彩られる。作者は山手馬鹿人(やまのてのばかひと)と同一人で大田南畝の匿名であり,その洒落本の第1作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲駅新話の関連キーワード仕舞いを付けるおぜんす其方此方ありあり蜀山人伏さるようんす面妖大概

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android