べかりけり(読み)ベカリケリ

デジタル大辞泉の解説

べかり◦けり

[連語]《推量の助動詞「べし」の連用形+過去の助動詞「けり」》…べきであった。…はずであった。
「法服の一つ足らざりつるを、にはかにまどひしつるに、これをこそ返り申す―◦けれ」〈・二七八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べかりけり

( 連語 )
〔推量の助動詞「べし」の連用形「べかり」に過去の助動詞「けり」の付いたもの〕
当然のことを今あらためて悟ったというような場合に用いられる。…すべきであった。…するはずであった。 「あひ見ずは恋しき事もなからまし音にぞ人を聞く-・ける/古今 恋四」 「作文の船にぞ乗る-・ける/大鏡 頼忠」 「おそれの中に恐る-・けるはただ地震ないなりけり/方丈記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べかり‐・けり

(「べかり」に過去の助動詞「けり」の付いたもの) 「…べきであった」「…はずであった」の意で、当然のことを今さとった感動を表わす。
伊勢物語(10C前)四八「今ぞ知るくるしき物と人待たむ里をば離れずとふべかりけり」
※源氏(1001‐14頃)末摘花「いともかしこきかたとは、これをもいふべかりけり、とほほゑみて見給ふを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べかりけりの関連情報