法服(読み)ホウフク

大辞林 第三版の解説

ほうふく【法服】

〔歴史的仮名遣い「はふふく」〕 もと裁判の時、判事・検事・弁護士・書記が法廷で着た制服。現在、裁判官については制服が定められているが、検察官・弁護士の着用は自由である。
〔歴史的仮名遣い「ほふふく」。「ほうぶく」とも〕 「法衣ほうえ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐ふく【法服】

〘名〙
[一] (ハフ:)
① 規定の服。制服。〔新撰字解(1872)〕 〔孝経‐卿大夫章〕
② もと、判事・検事・裁判所書記・弁護士が法廷で着用した制服。現在は裁判官について制服の定めがあり、黒羽二重のガウン形式のものを法廷で着用する。
※東京日日新聞‐明治二三年(1890)一〇月二五日「神聖なる託宣(否)裁判を降だし玉ふ新製(イヤイヤ)神聖なる法服(抱腹にあらず)なり」
[二] (ホフ:) (「ほうぶく」とも)
※経国集(827)一〇・夏日同美三郎遇雨過菩提寺作〈小野年永〉「古殿燈薫栴檀香、山僧法服薜花色」 〔法華経‐序品〕
② 袍。表衣。
※大乗院寺社雑事記‐応仁二年(1468)一一月一〇日「法服〈黒、裏紫、法服雲たてわき、表こあをひ〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の法服の言及

【衣帯】より


[法衣]
 もっとも一般的な法衣は,袍裳(ほうも),鈍色(どんじき),素絹(そけん),直綴(じきとつ)の4種である。(1)袍裳 法服(ほうぶく),袍服(ほうぶく)とも記し,上半身の袍と,下半身の裳とに分かれた仕立てである。袍の襟の頂点が三角形またはハート形にとがっていて,これを僧綱襟(そうごうえり)と呼ぶ。…

※「法服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法服の関連情報