コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法服 ホウフク

大辞林 第三版の解説

ほうふく【法服】

〔歴史的仮名遣い「はふふく」〕 もと裁判の時、判事・検事・弁護士・書記が法廷で着た制服。現在、裁判官については制服が定められているが、検察官・弁護士の着用は自由である。
〔歴史的仮名遣い「ほふふく」。「ほうぶく」とも〕 「法衣ほうえ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法服の言及

【衣帯】より


[法衣]
 もっとも一般的な法衣は,袍裳(ほうも),鈍色(どんじき),素絹(そけん),直綴(じきとつ)の4種である。(1)袍裳 法服(ほうぶく),袍服(ほうぶく)とも記し,上半身の袍と,下半身の裳とに分かれた仕立てである。袍の襟の頂点が三角形またはハート形にとがっていて,これを僧綱襟(そうごうえり)と呼ぶ。…

※「法服」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

法服の関連キーワードウージェーヌ ブリューブルボン公ルイ・アンリコンディヤックブルジョアジーローブ(衣服)モンテーニュフロンドの乱フランス革命ブルゴーニュチュルゴー五条の袈裟レトアールマルゼルブべかりけりデカルトマショー仮名遣いパスカルモープーブリュー

法服の関連情報