ほご

精選版 日本国語大辞典の解説

ほご

〘名〙 魚「かさご(笠子)」の異名。
※墨汁一滴(1901)〈正岡子規〉六月一三日「余の郷里にはホゴ、メバルなどいふ四五寸許りの雑魚を葛に串いて売って居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほごの関連情報