コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠子 カサゴ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐ご【×笠子】

フサカサゴ科の海水魚。沿岸岩礁域にすむ。全長約25センチ。体は長卵形。頭が比較的大きく、とげがある。体色は暗褐色から赤色まで変化に富み、体側に複雑な暗色紋がある。卵胎生。冬に美味。あかうお。がしら。
カサゴ目フサカサゴ科の海水魚の総称。ミノカサゴソイメバルメヌケキチジなどが含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさご【笠子】

カサゴ目フサカサゴ科の海魚の総称。メバル・ソイ・メヌケ類など日本近海に約70種が分布。
の一種。全長約25センチメートル。頭や背びれの棘とげが鋭い。体色は黒褐色から暗赤色まで多様で、小白点や暗褐色の複雑な斑まだらがある。卵胎生。食用にして美味。釣りの対象魚。本州以南の岩礁帯に分布。ガシラ。アカメバル。ホゴ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

笠子の関連キーワード中島三甫右衛門(初代)中島三甫右衛門(3代)中島三甫右衛門(4代)アカメバル天室宗竺朝鮮服背びれ暗赤色暗褐色黒褐色ガシラ体側体色分布海魚総称食用

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android