ほほう(読み)ホホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘感動〙
① 大様な態度で聞き入るとき、また、相手の話に疑問をさしはさむときなどに発することば。
※浄瑠璃・曾我扇八景(1711頃)上「ホホウ、飯原殿は鶴が岡に鶴を放し、鶴の紋を附らるると聞しが」
② 感心したり驚いたりしたときに発することば。ほほ。
※洒落本・穿当珍話(1756)「先生『あの一行物御覧被成』青蜉『ホホウ見事で御ざります』」
[2] 〘副〙 フクロウやウグイスなどの鳴き声を表わす語。
※玉塵抄(1563)四三「雨(あま)夜のくもってもうもうとしたにほほうとなくぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほほうの関連情報