ぼっち(読み)ボッチ

デジタル大辞泉の解説

小さな点。また、小さな点のようなつまみ。ぽっち。「ぼっちをつまむ」
《「独りぼっち」の》俗に、何かを一緒に行う仲間がいない人のこと。「ぼっち飯(めし)(=ひとりで食事をすること)」
[補説]平成22年(2010)ごろから使われ始めた語か。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 =ぼち
[2] 〘接尾〙 =ぽっち(二)
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉後「お前と二人ぼっちの時にや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼっちの関連情報