ぼんじゃり

精選版 日本国語大辞典「ぼんじゃり」の解説

ぼんじゃり

鷹揚(おうよう)で柔和なさまを表わす語。おっとり。
※咄本・戯言養気集(1615‐24頃)下「筑前筑後あってちく中なきは、いな事ぢゃと、ほんしゃりととひ侍る時」
② 女性の肉づきがよく美しいさまを表わす語。ぽってり。
浄瑠璃・難波丸金鶏(1759)八幡敵討「此ぼんじゃりやはやは、ぼじゃぼじゃした此の手の内

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぼんじゃり」の解説

ぼんじゃり

[副]
柔和でおっとりしているさま。
「男の身にて傾城のあどめもなく、―としたる事は」〈役者論語・あやめぐさ〉
女性の、ふくよかで美しいさま。
「―やはやは、ぼじゃぼじゃした此の手の内へ」〈・難波丸金鶏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android