ぼんじゃり(読み)ボンジャリ

デジタル大辞泉の解説

[副]
柔和でおっとりしているさま。
「男の身にて傾城のあどめもなく、―としたる事は」〈役者論語・あやめぐさ〉
女性の、ふくよかで美しいさま。
「―やはやは、ぼじゃぼじゃした此の手の内へ」〈浄・難波丸金鶏〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 鷹揚(おうよう)で柔和なさまを表わす語。おっとり。
※咄本・戯言養気集(1615‐24頃)下「筑前筑後あってちく中なきは、いな事ぢゃと、ほんしゃりととひ侍る時」
② 女性の肉づきがよく美しいさまを表わす語。ぽってり。
※浄瑠璃・難波丸金鶏(1759)八幡敵討「此ぼんじゃりやはやは、ぼじゃぼじゃした此の手の内」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android