コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役者論語 やくしゃろんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

役者論語
やくしゃろんご

歌舞伎芸談集。内題ふりがなでは「やくしゃばなし」と読む。3世八文字屋自笑編。4巻4冊。安永5 (1776) 年刊。元禄期 (1688~1704) 前後の名人役者の芸談などを集めたもので,歌舞伎鑑賞の手引きとして刊行された。内容は『舞台百ヶ条』『芸鑑』『あやめ草』『耳塵集』『続耳塵集』『賢外集』『佐渡島日記』の7部から成る。坂田藤十郎芳沢あやめらの芸に対する考え方や言行などを記しており,当時の歌舞伎界の様相,芸道観,演出法などを知ることができる貴重な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やくしゃばなし【役者論語】

歌舞伎役者の芸談集。4巻4冊。3世八文字屋自笑編。安永5年(1776)刊。初世坂田藤十郎芳沢あやめなど元禄期(1688~1704)の名優の芸談を中心に7編を収録。歌舞伎の芸道論・演技論の研究にとって重要な資料。優家七部書(ゆうかしちぶのしょ)。やくしゃろんご。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

役者論語【やくしゃばなし】

江戸時代の芸談集。〈やくしゃろんご〉とも。3世八文字屋自笑編。1776年刊。4巻4冊。初世芳沢あやめの女方に関する芸談〈あやめ草〉,坂田藤十郎その他元禄期の名優の芸談を記した《耳塵集(にじんしゅう)》《舞台百ヶ条》など,7種の芸談集を集めたもの。

役者論語【やくしゃろんご】

役者論語(やくしゃばなし)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やくしゃろんご【役者論語】

芸談。四巻。三世八文字屋自笑編。1776年刊。芳沢あやめ・初世坂田藤十郎など元禄期(1688~1704)の名優の芸談集七書を集めたもの。初期歌舞伎の芸道論・演技論が語られる。やくしゃばなし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

役者論語の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)役者論語(やくしゃろんご)芳沢あやめ(初代)佐渡島長五郎佐渡嶋長五郎女方(女形)富永平兵衛藤十郎の恋瀬川菊之丞ぼんじゃり半畳を打つ危な危な乳切り詰合い為習ふ