鷹揚(読み)おうよう

精選版 日本国語大辞典「鷹揚」の解説

おう‐よう ‥ヤウ【鷹揚】

〘名〙 (形動) (が大空に飛ぶ姿がいかにも自信にみち、おおらかであるように)
① ゆったりとして威厳があること。小さなことにこだわらないで、おっとりしているさま。ようよう。
※足利本論語抄(16C)堯曰第二〇「君上若能く、をうやうなれば、衆共皈して、得衆なり」 〔詩経‐大雅・大明〕
② 動作のゆっくりしているさま。
※歌舞伎・伊勢平氏梅英幣(1820)五立「鷹揚(オウヤウ)に、道具廻る」
③ (━する) 世に出ること。名をなすこと。
※徳富猪一郎宛新島襄書簡‐明治一五年(1882)七月二八日「生の固執して止まざるは足下の他日鷹揚せんことを望むなり」
[語誌]本来は武勇のさまを表わす漢語で、和製語「大様」とは別語だが、意味と語形の接近から両者は混同され、「鷹揚」は日本では近世以降、「大様」の意味で、「おほやう」の表記で用いられている。→「おおよう(大様)」の語誌

よう‐よう ‥ヤウ【鷹揚】

〘名〙 (形動)(「よう」は「鷹」の漢音、「おう」は呉音) (鷹が大空を飛ぶように)ゆったりとして威厳があること。こせこせしないこと。また、そのさま。おうよう。
※本朝文粋(1060頃)六・申遠江駿河守等状〈平兼盛〉「今対鷹揚之人、各慙退之身

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鷹揚」の解説

おう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

[形動][文][ナリ]《鷹(たか)が悠然と空を飛ぶように》小さなことにこだわらずゆったりとしているさま。おっとりとして上品なさま。「鷹揚に構える」→大様(おおよう)

よう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

[形動]おうよう(鷹揚)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゴールデンカムイ

「週刊ヤングジャンプ」(集英社発行)で2014年38号より連載されている北海道出身の漫画家・野田サトルの漫画作品。日露戦争の帰還兵である杉元佐一が北海道で一攫千金を目指して繰り広げる冒険劇で、作中のア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android