コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹揚 オウヨウ

デジタル大辞泉の解説

おう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

[形動][文][ナリ]《鷹(たか)が悠然と空を飛ぶように》小さなことにこだわらずゆったりとしているさま。おっとりとして上品なさま。「鷹揚に構える」→大様(おおよう)

よう‐よう〔‐ヤウ〕【×鷹揚】

[形動]おうよう(鷹揚)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうよう【鷹揚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「詩経大雅、大明」から。鷹たかが大空をゆうゆうと飛ぶさまから〕
ゆったりと振る舞うこと。余裕があって目先の小事にこだわらないこと。また、そのさま。ようよう。 「 -な態度」 「 -にかまえる」 → 大様おおよう

ようよう【鷹揚】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鷹揚の関連キーワード中村富十郎(初代)粟田口(狂言)迫る・逼る古川 緑波大名買い岩田涼菟福森久助弘前公園殿様商売府兵制折衝府子めく大名気点頭狂言態度殿様栗焼大様

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷹揚の関連情報