鷹揚(読み)オウヨウ

  • ×鷹揚
  • おうよう ‥ヤウ
  • おうよう〔ヤウ〕
  • ようよう
  • ようよう ‥ヤウ
  • ようよう〔ヤウ〕

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
詩経大雅、大明から。鷹たかが大空をゆうゆうと飛ぶさまから
ゆったりと振る舞うこと。余裕があって目先の小事にこだわらないこと。また、そのさま。ようよう。 -な態度 -にかまえる大様おおよう
おうよう鷹揚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) (鷹が大空に飛ぶ姿がいかにも自信にみち、おおらかであるように)
① ゆったりとして威厳があること。小さなことにこだわらないで、おっとりしているさま。ようよう。
※足利本論語抄(16C)堯曰第二〇「君上若能く、をうやうなれば、衆共皈して、得衆なり」 〔詩経‐大雅・大明〕
② 動作のゆっくりしているさま。
※歌舞伎・伊勢平氏梅英幣(1820)五立「鷹揚(オウヤウ)に、道具廻る」
③ (━する) 世に出ること。名をなすこと。
※徳富猪一郎宛新島襄書簡‐明治一五年(1882)七月二八日「生の固執して止まざるは足下の他日鷹揚せんことを望むなり」
[語誌]本来は武勇のさまを表わす漢語で、和製語「大様」とは別語だが、意味と語形の接近から両者は混同され、「鷹揚」は日本では近世以降、「大様」の意味で、「おほやう」の表記で用いられている。→「おおよう(大様)」の語誌
〘名〙 (形動)(「よう」は「鷹」の漢音、「おう」は呉音) (鷹が大空を飛ぶように)ゆったりとして威厳があること。こせこせしないこと。また、そのさま。おうよう。
※本朝文粋(1060頃)六・申遠江駿河守等状〈平兼盛〉「今対鷹揚之人、各慙退之身

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷹揚の関連情報