まじくなう

精選版 日本国語大辞典の解説

まじく‐な・う ‥なふ

〘他ハ四〙
① まじないをする。
※滑稽本・寒紅丑日待(1816‐26)めでたい事「おめい茶釜をまじくなったか」
② とりつくろう。表面をうまくごまかす。
※雑俳・川柳評万句合‐天明三(1783)二「ゑん方はしちくのつえでまじくない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まじく‐な・う〔‐なふ〕

[動ハ四]
まじないをかける。
「おめい茶釜を―・ったか」〈人・寒紅丑日待〉
とりつくろう。ごまかす。
「これにて諸事―・ふはなんと忠心者でござりませう」〈・絵本合法衢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android