もしもし

精選版 日本国語大辞典「もしもし」の解説

もし‐もし

動〙 (「もうしもうし」の変化した)
相手に呼びかける時にいう語。もうしもうし。
※サントスの御作業(1591)二「moximoxi(モシモシ) コレラ ヲ メシイダサレ エイム ヲ ヒラカレ マウスベキヤ ト ソウモン マウサレケレバ」
電話を通して最初に相手に呼びかける語。また、電話が通じていることを確認する時にもいう。
令夫人(1903)〈尾崎紅葉〉中「電話の口切ぢゃないが、もしもしと言ひたいね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もしもし」の解説

もし‐もし

[感]《「もうしもうし」の音変化》
相手に呼びかけるときに言う語。「もしもし、ちょっとうかがいますが」
電話で話し始めるときに用いる語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android