もしもし(読み)モシモシ

デジタル大辞泉の解説

もし‐もし

[感]《「もうしもうし」の音変化》
相手に呼びかけるときに言う語。「もしもし、ちょっとうかがいますが」
電話で話し始めるときに用いる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もしもし

( 感 )
〔「もし」を重ねた語〕
相手に呼びかけるのに用いる語。 「 -、忘れ物ですよ」
特に、電話口で相手に呼びかける語。 「 -山田さんのお宅ですか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もし‐もし

〘感動〙 (「もうしもうし」の変化した語)
① 相手に呼びかける時にいう語。もうしもうし。
※サントスの御作業(1591)二「moximoxi(モシモシ) コレラ ヲ メシイダサレ エイム ヲ ヒラカレ マウスベキヤ ト ソウモン マウサレケレバ」
② 電話を通して最初に相手に呼びかける語。また、電話が通じていることを確認する時にもいう。
※令夫人(1903)〈尾崎紅葉〉中「電話の口切ぢゃないが、もしもしと言ひたいね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もしもしの関連情報