コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やけどと皮膚がん やけどとひふがん

1件 の用語解説(やけどと皮膚がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

やけどとひふがん【やけどと皮膚がん】

 やけどの瘢痕(はんこん)から皮膚がんが発生しやすいことがわかっています。とくに有棘細胞(ゆうきょくさいぼう)がんと呼ばれる種類のものが多く、基底(きてい)細胞がんや肉腫(にくしゅ)もまれにみられます。
 自然発生した皮膚がんは、一般に頭部、顔面など、くびより上に多く発生しますが、やけど後の皮膚がんは四肢(しし)に多くみられます。
 やけどをしてからがんが発生するまでの期間は30~40年の長期間を要するのがふつうですが、1年以内の短期間で発生することもあります。
 症状は2つに大別されます。
 1つは潰瘍型(かいようがた)です。これは不規則な凹凸(おうとつ)があり、周囲が盛り上がっていたり、感染をおこして悪臭をともなうこともあります。
 もう1つは増殖型(ぞうしょくがた)です。これは患部がカリフラワーのように盛り上がるものです。
 治療としては、広範囲切除や皮膚移植(ひふいしょく)などの外科療法と化学療法が行なわれます。
 熱傷による瘢痕が強度なものほど、がん発生の母地(ぼち)になる可能性が高いため、重度なやけどを負った場合は、やけどの治療後も継続して診察を受けることがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

やけどと皮膚がんの関連キーワード食道狭窄植皮凍瘡瘢痕皮膚炎皮膚癌マンガン鋼人工皮膚火傷瘢痕性脱毛症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone