コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瘢痕 はんこんscar

翻訳|scar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瘢痕
はんこん
scar

外傷が治癒したあと皮膚に残る変性部分をいう。普通,結合組織が多く,細胞毛細血管は少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

瘢痕【はんこん】

いわゆる〈傷あと〉のことで,肉芽組織が繊維化したもの。収縮する傾向があり,このため消化管などでは狭窄を呈したり,皮膚では美容上の問題を起こしたりする。腹部手術創では,腹圧のため瘢部が逆に伸展してヘルニアを形成することもある。
→関連項目かさぶた梗塞水痘天然痘にきび発疹皮膚癌やけどよこねリウマチ結節

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はんこん【瘢痕】

火傷や外傷・潰瘍などの治ったあとにできる傷あと。組織の欠損部に増殖した肉芽組織が古くなって繊維化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瘢痕
はんこん

熱傷(やけど)、切り傷、交通事故などの外傷あるいは皮膚病によって、真皮ないし皮下組織に達する組織欠損が生じたあとの皮膚に肉芽組織ができ、その上を表皮が覆って治癒した状態をいう。形態上から、扁平(へんぺい)な瘢痕、盛り上がっている瘢痕(ケロイド)、ひきつれ(拘縮)を生じて変形や機能障害をおこしている瘢痕などに分けられる。組織学的には表皮は平坦(へいたん)化し、真皮には波状を呈する太い膠原(こうげん)線維がみられ、高度のものでは毛包や汗腺(かんせん)などの皮膚付属器が失われている。瘢痕形成術に際しては、ほとんどの瘢痕は10年くらいの間には自然にある程度目だたなくなる傾向があるため、やたらに手術を急ぐことは好ましくない。小さな瘢痕は切除縫合で治癒する。線状瘢痕では、術後の縫合を1本の直線にするよりは、ジグザグした線になるようにしたほうが傷あとが目だたなく、とくに顔面ではこの方法が用いられる。拘縮を生じている瘢痕には植皮術あるいはZ形成術が用いられる。広範な瘢痕には植皮が行われるが、3、4年もすれば植皮片がその部位になじんで植皮したことがわからなくなる。顔面の各部位に対する理想的な植皮片の選び方の原則は、皮膚の厚さ、皮膚のもっている機能(皮脂腺や汗腺、血管の特性)などを十分考慮することである。すなわち、上下眼瞼(がんけん)(まぶた)には耳の後ろや上腕内側の皮膚が、ほおやあごには鎖骨付近の皮膚が用いられるが、額にはどこの皮膚でもかまわない。[池田重雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の瘢痕の言及

【発疹】より

…(2)糜爛(びらん)erosion 皮膚の欠損が表皮内にとどまるもので,表皮内水疱が破れたあとのただれた状態をいう。欠損部は表皮が再生して,瘢痕(はんこん)を残すことなく治る。(3)潰瘍ulcer 皮膚の欠損が真皮にまで及ぶもので,治るときには欠損部が肉芽組織により埋められ瘢痕を残す。…

※「瘢痕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瘢痕の関連キーワード大腿四頭筋短縮症外傷性てんかん腹壁ヘルニア未熟児網膜症瘢痕性脱毛症アフタと潰瘍へそ(臍)胼胝性潰瘍尋常性狼瘡軟性下疳瘢痕文身尿道狭窄『明暗』口角潰瘍食道狭窄ケロイド心室瘤ただれ内反足無汗症

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android