ようか

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐か

〘副〙 (歴史的仮名遣いは未詳) 「やわか」の変化した語か。
※天草本平家(1592)三「ヲキョウト スレドモ、yǒca(ヤウカ) ヲキラリョウ」
[補注]「やわか」から変化したものならば、キリシタン資料ではヤウカ(yǒca)の形であらわれるはずだが、「日葡辞書」と「ロドリゲス日本大文典」では、挙例の「天草本平家」の同じ文を引きながらも共にヨウカ(yôca)としている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ようかの関連情報