よる

大辞林 第三版の解説

よる

( 動下二 )
つかれる。くたびれる。 「 - ・れに-・れたる痩せ馬なれば/謡曲・鉢木」

よる

( 助動 ) ( よら(よろ) ・より(よつ) ・よる ・よる ・よれ ・よれ )
〔動詞「をる(居る)」の補助動詞的用法から。中古末期から近世上方語へかけての語〕
動詞の連用形に付いて、動作が進行中であることを、動作者を軽く卑しめる気持ちをこめて言い表す。 「さりながら大かた先済みよつたが、一部始終を聞てたも/浄瑠璃・曽根崎心中」 〔現代でも関西地方などで用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よるの関連情報