コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よる よる

2件 の用語解説(よるの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

よる

( 動下二 )
つかれる。くたびれる。 「 - ・れに-・れたる痩せ馬なれば/謡曲・鉢木」

よる

( 助動 ) ( よら(よろ) ・より(よつ) ・よる ・よる ・よれ ・よれ )
〔動詞「をる(居る)」の補助動詞的用法から。中古末期から近世上方語へかけての語〕
動詞の連用形に付いて、動作が進行中であることを、動作者を軽く卑しめる気持ちをこめて言い表す。 「さりながら大かた先済みよつたが、一部始終を聞てたも/浄瑠璃・曽根崎心中」 〔現代でも関西地方などで用いられる〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

よるの関連情報