コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よる よる

大辞林 第三版の解説

よる

( 動下二 )
つかれる。くたびれる。 「 - ・れに-・れたる痩せ馬なれば/謡曲・鉢木」

よる

( 助動 ) ( よら(よろ) ・より(よつ) ・よる ・よる ・よれ ・よれ )
〔動詞「をる(居る)」の補助動詞的用法から。中古末期から近世上方語へかけての語〕
動詞の連用形に付いて、動作が進行中であることを、動作者を軽く卑しめる気持ちをこめて言い表す。 「さりながら大かた先済みよつたが、一部始終を聞てたも/浄瑠璃・曽根崎心中」 〔現代でも関西地方などで用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

よるの関連キーワード合い縁奇縁・合縁奇縁・相縁機縁石油国有化記念日慈しむ・愛しむ胡馬北風に嘶ゆじゅうじゅうキチントさんソナチネの木事によったらでんこちゃん曽根崎心中宇治の関白市議会議員腹筋を切るマナビィ漁り小舟に依ると八幡太郎に依ればどれどれ相模太郎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よるの関連情報