りょうりょうじ

大辞林 第三版の解説

りょうりょうじ

( 形シク )
心配りがゆきとどいている。知性的である。 「童より-・じう、花やかなる心ばへ物し給ひし人にて/源氏 紅梅
気高く美しい。洗練された美しさがある。 「ふくらかに愛敬づきたる人の、髪たけにていと-・じき/宇津保 国譲上」 〔語源については、「らうらうじ(労労じ)」の転かともいわれるが、未詳〕 → ろうろうじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android