コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方人 カタウド

デジタル大辞泉の解説

かた‐うど【方人】

《「かたひと」の音変化》
かたひと」に同じ。
「―共、各々世の中にありがたき物をば」〈今昔・二八・三五〉
味方。仲間。かとうど。
「平家の―する者ここにあり」〈平家・六〉

かた‐ひと【方人】

歌合わせや競争などで、二組に分けられた一方の人。かたうど
「一二の相撲(すまひ)、―にとられ給へる御子達、上達、大将、中少将かへし給ふ」〈宇津保・内侍督〉

かとうど〔かたうど〕【人】

かたうど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたうど【方人】

〔「かたひと」の転〕
かたひと 」に同じ。
味方すること。また、味方の人。仲間。かとうど。 「此の国にも平家の-する人ありけり/平家 6

かたひと【方人】

〔「かたうど」とも〕
歌合わせなどで、左右二組に分けられた人々の一方。 「左右の-の書き分けを典侍して方々の頭の曹司に給へり/天徳歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の方人の言及

【歌合】より

…また当座歌合,兼日歌合,撰歌合,時代不同歌合,自歌合,擬人歌合など,歌人関与のあり方を規準として区分することもあって,歌合の分類は多岐複雑である。 またその構成は,人的構成にのみ限っていうと,王朝晴儀の典型的な歌合にあっては,方人(かたうど)(左右の競技者),念人(おもいびと)(左右の応援者),方人の頭(とう)(左右の指導者),読師(とくし)(左右に属し,各番の歌を順次講師に渡す者),講師(こうじ)(左右に属し,各番の歌を朗読する者),員刺(かずさし)(左右に属し,勝点を数える少年),歌人(うたよみ)(和歌の作者),判者(はんじや)(左右の歌の優劣を判定する者。当代歌壇の権威者または地位の高い者が任じる)などのほか,主催者や和歌の清書人,歌題の撰者などが含まれる。…

※「方人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

方人の関連キーワード地方人民代表大会選挙藤井小三郎(初代)藤井小三郎(2代)ロッパ族(珞巴族)東南アジア地方人種ヌーリスターン人東ヨーロッパ人種マールワーリー河内屋加兵衛辰松八郎兵衛台北帝国大学コーカサス人ギリシア人藤井小八郎ノルマン人吉田文五郎人あしらいアモリ人ドリス人自由意志

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

方人の関連情報