るつぼ(坩堝)鋼(読み)るつぼこう

百科事典マイペディア「るつぼ(坩堝)鋼」の解説

るつぼ(坩堝)鋼【るつぼこう】

るつぼに配合した原料を装入し,るつぼ炉で加熱して製したで,偏析気泡(きほう)などがなく良質。高炭素鋼,工具鋼などをつくったが,製造規模が限られ生産費も高いので,電気炉鋼の品質向上に伴い近年はほとんど用いられない。1740年ハンツマンがこの製鋼法を発明,初めて工業的に溶鋼が得られるようになった。
→関連項目ハンツマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android