コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工具鋼 こうぐこうtool steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工具鋼
こうぐこう
tool steel

各種の工具刃物の製作に用いられる。耐摩耗性をはじめ,用途により耐圧,耐酸,耐熱などいろいろの特性が要求される。 JISでいう工具鋼は品質表示で,必ずしも用途は工具に限らない。その種類は次のとおり。 (1) 炭素工具鋼 鉄と炭素の合金である炭素鋼のうち,比較的高炭素のもので,硫黄,リン,非金属介在物が少く熱処理が容易である。炭素量は 0.6~1.5%で,炭素量の低いものは靭性にすぐれ,高いものは耐摩耗性,切削能力が高い。切削工具ポンチやすりダイス,のこぎり,きり,ナイフなど広く使用される。 (2) 合金工具鋼 炭素工具鋼にタングステンクロム,マンガン,モリブデンバナジウム,シリコン,ニッケルなどを添加して,靭性,耐摩耗性などを一段と高めたもの。仕上げバイト,カッタ,かんな,かみそり,ゲージなどに使う。 (3) 高速度鋼 タングステン,クロム,バナジウム,コバルトなどの特殊元素を多量に含む。高熱でも刃先が軟化しないので,高速度で鋼材切削ができる。ドリルやタップによく用いられる。 (4) 熱間工具鋼 タングステン,クロム,シリコン,マンガンを多く含む。高温強度が高く,鋼の熱間押出し用工具などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぐ‐こう〔‐カウ〕【工具鋼】

刃物や各種工具に用いられる鋼の総称。炭素工具鋼・合金工具鋼・高速度鋼など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

工具鋼【こうぐこう】

バイトドリルダイスなどの工具類に使用される鋼。炭素含有量を0.6〜1.5%と高くし,熱処理を施した炭素工具鋼と,タングステン,クロム,バナジウムなどを添加した合金工具鋼がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうぐこう【工具鋼 tool steel】

金属材料をはじめとする諸材料に力を加えて加工する工具に使用される,化学成分および金属組織を調整した鋼。工具としては,はさみ,包丁,かみそり,のこぎり,かんな,のみ,鎌などの手工具,金属材料を研削するためのバイト類や,塑性加工するためのダイスや圧延ロールなどがある。 手工具に用いられる鋼(刃物鋼)は炭素量1%前後の過共析鋼と呼ばれる炭素鋼が主である。包丁,はさみ,かみそりなどには,しばしば,13クロムステンレス鋼や,これにモリブデンを添加した高級刃物用ステンレス鋼が使用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうぐこう【工具鋼】

工具に使用される硬質の鋼の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

工具鋼
こうぐこう
tool steels

機械加工用具の材料となる硬質の鋼の総称。組成と用途により次の6種に分類される。
(1)炭素工具鋼 0.6~1.3%の炭素を含む小型工具用材料。炭素量の少ないものは刻印やナイフなど靭性(じんせい)を要求されるもの、炭素量の多いものは、やすりやかみそりなど硬さを要求されるものに用いられる。
(2)切削用合金工具鋼 1~1.5%の炭素のほかに、1~2%のクロム、タングステン、バナジウム、ニッケルなどが添加される。バイト、ドリル、カッターなどに用いられる。
(3)耐衝撃用合金工具鋼 0.5~1%の炭素のほかに、1~2%のクロム、タングステン、バナジウムが添加される。たがね、ポンチなどに用いられる。
(4)耐摩不変形用合金工具鋼 1~2%の炭素のほかに、クロム、タングステン、モリブデン、バナジウムが添加される。ゲージ、抜き型、線引きダイスなどに用いられる。
(5)熱間加工用合金工具鋼 0.3~0.8%の炭素のほかに、10%以下のクロム、タングステン、モリブデンなどが添加される。ダイブロックなどに用いられる。
(6)高速度鋼 0.7~1.6%の炭素のほかに、多量のタングステン、モリブデン、バナジウム、クロム、コバルトなどが添加される。刃先が赤らむほど高速切削を行っても切れ味が保たれ、高級工具材料として用いる。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の工具鋼の言及

【特殊鋼】より

…(2)使用される際の金属組織に由来する名称 フェライト鋼,オーステナイト鋼,マルテンサイト鋼,二相鋼(高張力鋼ではフェライト+ベイナイトまたはマルテンサイト,ステンレス鋼ではフェライト+オーステナイト)など。(3)用途・特性による分類 (a)一般構造用鋼 低合金高張力鋼,強靱(きようじん)鋼,超強力鋼など,(b)機械構造用鋼 肌焼鋼快削鋼ばね鋼,ベアリング鋼,耐摩耗鋼など,(c)工具鋼 低合金工具鋼,高速度鋼,ダイス鋼,鍛造用形鋼,(d)耐食鋼 耐候鋼,耐硫酸鋼,耐水素誘起割れ鋼,ステンレス鋼,超合金耐食鋼など,(e)耐熱鋼Cr‐Mo鋼,ステンレス鋼,超合金耐熱鋼など,(f)特殊用途鋼 永久磁石鋼,電磁鋼板,制振鋼板,低温用鋼,非磁性鋼など(表2に用途別の種類をまとめて示す)。(4)有名な通称をもつ鋼 (a)KS鋼 本多光太郎の発明したCo‐Cr‐Wを成分とする永久磁石鋼で,焼入れをして使う。…

※「工具鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

工具鋼の関連キーワードるつぼ(坩堝)鋼ダイス(機械)ドリル(工具)ポンチ(工具)日本高周波鋼業バイト(工具)セラミック工具目盛り加工機バナジウム鋼やすり(鑢)モリブデン鋼クロム鋼ブローチ析出硬化放電加工電気炉鋼ぜんまいるつぼ鋼ビット削岩機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android