コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海原 ウナバラ

デジタル大辞泉の解説

うな‐ばら【海原】

《上代は「うなはら」》
広々とした海。「青海原
池や湖の広い水面。
「国見をすれば国原は煙立ち立つ―はかまめ立ち立つ」〈・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うなばら【海原】

〔古くは「うなはら」〕
広々とした海。広い水面。 「大-」 「 -はるかに見渡す」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海原の関連キーワードラヴェル:鏡/piano solo新・平家物語 義仲をめぐる三人の女ツキヨミノミコト(月読尊)滄海変じて桑田となる海原はるか・かなた海原やすよともこ真楫繁貫く海原かなた海原ともこ滄海の一粟海原やすよ見晴るかす海原はるか沖つ縄海苔八十島隠る朝野魚養漕ぎ出す新曲浦島海原お浜立ち立つ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海原の関連情報