海原(読み)ウナバラ

デジタル大辞泉の解説

うな‐ばら【海原】

上代は「うなはら」》
広々とした海。「青海原
池や湖の広い水面。
「国見をすれば国原は煙立ち立つ―はかまめ立ち立つ」〈・二〉

かいげん【海原】

俳句雑誌。平成30年(2018)9月に同人誌として創刊。同年7月に終刊した金子兜太主宰による俳誌海程」の後継誌。代表は安西篤。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うな‐ばら【海原】

〘名〙 (古くは「うなはら」)
① ひろびろとした海。広大な海面。滄海(そうかい)。うのはら。
※万葉(8C後)一五・三六四八「宇奈波良(ウナハラ)の沖辺にともし漁(いざ)る火はあかしこともせ大和島見む」
※易林本節用集(1597)「海原 ウナバラ」
② 湖、沼、池などの、ひろびろとした水面。
※万葉(8C後)一・二「とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立ち立つ 海原(うなはら)は かまめ立ち立つ」
③ 海浜の開けた場所。海辺。
※万葉(8C後)一四・三四九八「宇奈波良(ウナハラ)の根やはら小菅あまたあれば君は忘らす吾忘るれや」

うの‐はら【海原】

〘名〙 上代東国方言。=うなばら(海原)
※万葉(8C後)二〇・四三二八「大君の命畏み石(いそ)に触(ふ)り宇乃波良(ウノハラ)渡る父母を置きて」

わた‐の‐はら【海原】

〘連語〙 ⇒わた(海)の原

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報