アウシュヴィッツ-ビルケナウ ナチスドイツ強制絶滅収容所(読み)アウシュヴィッツビルケナウ ナチスドイツきょうせいぜつめつしゅうようじょ

世界遺産詳解の解説

アウシュヴィッツビルケナウ ナチスドイツきょうせいぜつめつしゅうようじょ【アウシュヴィッツ-ビルケナウ ナチスドイツ強制絶滅収容所】

正式登録名は、アウシュヴィッツ-ビルケナウ ナチスドイツ強制絶滅収容所(1940-1945)。1979年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ポーランド南部のクラクフ西部約70kmのオシヴェンチム(ドイツ語で、アウシュヴィッツ)に位置し、アウシュヴィッツとビルケナウの2つの収容所からなる。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツがユダヤ人やロマ人、ポーランド人など多数の人々を捕虜として収容し、強制労働を強いてからガス室での毒殺処刑などで大量虐殺した。虐殺された人の数は、150万人ともいわれている。二度と繰り返してはならない人類の負の遺産として、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。収容所は現在、アウシュヴィッツ・オシヴェンチム博物館になっている。◇英名はAuschwitz Birkenau German Nazi Concentration and Extermination Camp(1940-1945)

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android