アウステルリッツ会戦(読み)アウステルリッツかいせん

百科事典マイペディアの解説

アウステルリッツ会戦【アウステルリッツかいせん】

三帝会戦とも。1805年ナポレオン軍がロシア皇帝アレクサンドル1世とオーストリア皇帝フランツ2世の連合軍をアウステルリッツAusterlitz(ウィーン北方。当時オーストリア領,現在チェコ領)に破った戦い。第3次対仏大同盟はくずれ,プレスブルクの和約が結ばれた。
→関連項目ナポレオン戦争

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android