コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対仏大同盟 たいふつだいどうめい Coalitions against France

6件 の用語解説(対仏大同盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対仏大同盟
たいふつだいどうめい
Coalitions against France

フランス革命への干渉,ナポレオン1世への対抗のため,1793~1815年にかけて5次にわたりヨーロッパ諸国が結んだ軍事同盟。 (1) 第1次 (1793~97)   1792年フランスオーストリアへの宣戦でフランス革命戦争が勃発。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいふつ‐だいどうめい【対仏大同盟】

フランス革命の波及とナポレオンの大陸支配に対抗するため、イギリスを中心とするヨーロッパ諸国が結んだ同盟。1793年から1815年にかけて7回にわたって結成された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

対仏大同盟【たいふつだいどうめい】

ヨーロッパ大同盟とも。フランス革命期からナポレオン1世没落までの間,英国のピット(小)の指導下にフランスに対抗して結成されたヨーロッパ諸国の同盟。各国の対仏関係や戦争の帰趨(きすう)によって足並みが乱れてたびたび中断され,1793年―1815年にかけて7回結成。
→関連項目アウステルリッツ会戦アミアンの和約ウィリアム[3世]解放戦争カルノーナポレオン戦争ピット[小]フランツ[2世]プレスブルクの和約ロスチャイルド[家]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいふつだいどうめい【対仏大同盟 Coalitions】

フランス革命期からナポレオン時代にかけて,フランスに対抗するためにヨーロッパ諸国が結んだ同盟。前後7回にわたり,ほとんどすべてのヨーロッパ諸国がそのいずれかに参加してフランスと戦ったが,全体を通じてこれらの同盟の中心となったのはイギリスであり,第1次から第5次まではフランスの勝利に,第6,7次はフランスの敗北に終わった。第1次は,1792‐93年にオーストリア,プロイセン,イギリス,オランダスペインなどの間で結ばれたが,フランスとプロイセン,スペインとのバーゼル条約(1795)およびオーストリアとのカンポ・フォルミオ条約(1797)によって解消した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいふつだいどうめい【対仏大同盟】

フランス革命の波及とナポレオンの侵略に対してヨーロッパ諸国が結んだ同盟。イギリスを中心に、1793年から1815年までに七回(または五回)結成された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対仏大同盟
たいふつだいどうめい
Coalitionフランス語

フランス革命を敵視するヨーロッパ諸君侯の反革命国際リーグを根幹に、ナポレオンに敵対する軍事同盟をあわせて、この名でよぶ。欧州大同盟ともいう。[金澤 誠]

第1回

ルイ16世の処刑を機に、1793年春にイギリス、スペインが革命フランスに干渉し、前年来すでにフランスと戦っていたオーストリア、プロイセンをあわせ、さらにオランダ、ナポリ、サルデーニャなどを加え、イギリス首相ピット(小)の提唱により結成された。大同盟の包囲を受け、フランスは93年秋から94年の冬にかけ、全国境で悪戦苦闘を重ねつつ、しだいに退勢を挽回(ばんかい)し、フルーリュスの勝利を飾ったのに反し、大同盟側は、ポーランド分割をめぐる諸状況や利害関係のため足並みがそろわず、95年にはプロイセンがまず脱落。スペインもフランスと和約した。そしてオランダはフランスの属領と化し、97年オーストリアもカンポ・フォルミオ条約を締結し、事実上同盟は瓦解(がかい)した。[金澤 誠]

第2回

1799年ナポレオンのエジプト遠征を看過しえぬイギリス首相ピットは、重ねて同盟を発案し、オーストリア、ロシア、トルコ、両シチリア、ポルトガルを味方に引き入れた(プロイセンは中立)。だが、ナポレオンの奮戦で、オーストリアが1801年にリュネビルの和約を結ぶと、イギリス以外の諸国が脱退し、残るイギリスも1802年にアミアンの講和に調印した。[金澤 誠]

第3回

1805年イギリス、ロシア、オーストリア、プロイセン間で結ばれた。同年末のアウステルリッツの三帝会戦で、ナポレオンが勝利をあげ、プレスブルクの和約が結ばれたため、同盟も解消された。[金澤 誠]

第4回

1806年ロシア、プロイセン、イギリス、スウェーデン間で結ばれた。プロイセンはイエナの戦いでナポレオンに敗れ、07年ティルジットの和約で、同盟は解体された。[金澤 誠]

第5回

1806年ナポレオンの大陸封鎖に抗して、イギリス外相カニングの提唱により、オーストリア、スウェーデンの参加をみた。だが、オーストリアがワグラムの戦いに敗れて、シェーンブルクの和約を結んだため、同盟も解消された。[金澤 誠]

第6回

ナポレオンがロシア遠征に失敗したとの報に、ロシア、オーストリア、プロイセン、イギリスを中心に、ほとんど全ヨーロッパの諸国が加わって1813年に結成された。そして同盟軍はパリに入城して、14年4月ナポレオンを退位せしめることに成功した。[金澤 誠]

第7回

1815年3月、ナポレオンのエルバ島脱出を機に結成され、彼をワーテルローの戦いに破って、再起不能に陥れた。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の対仏大同盟の言及

【ナポレオン戦争】より

…この戦術は第1イタリア遠征で発見されたために,最近ではナポレオンの戦術はヨーロッパのうち起伏に富む丘陵地帯にのみ適するという限界が指摘されており,スペイン,ロシアでの失敗を考えると,この点は無視できない。 ナポレオン戦争の敵対国は先進資本主義国イギリスと大陸の絶対主義国家であるが,対仏大同盟をよく観察すると,大陸市場を守ろうとするイギリスは必ず大陸諸国の側に参戦して戦費補助を行っている。ナポレオンは対イギリス戦略としてエジプト遠征,イギリス本土上陸,大陸封鎖を計画したが,いずれも成功しなかったのは,イギリスの経済力,現実外交,海軍の優越性によるものであった。…

【ピット[小]】より

… ピットはかつて七年戦争時代に父親が実践して大きな成果をあげた戦略を踏襲し,大陸での戦闘には同盟諸国への軍事援助金の提供以外はできるかぎり介入せず,もっぱら優勢な海軍力による本土防衛と敵国の海外通商拠点あるいは植民地の攻略に重点をおいた。しかし彼の肝いりで93年に結成された第1次対仏大同盟は,予想外に強力なフランス共和国軍の反撃にあって敗北と瓦解を余儀なくされ,98年に再編成された第2次大同盟もナポレオンの軍事力に圧倒され,戦局は泥沼化した。その間国内では,フランス革命に共鳴する急進主義的な結社の言論活動が,議会外の民衆運動として広範に展開するが,議会内では革命の過激化への反発が強まり,94年以降ピット政権に対抗する野党はフォックスの率いる数十名のホイッグ残党のみとなる。…

※「対仏大同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

対仏大同盟の関連キーワードナポレオン岩ナポレオン法典ネーナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオン第一共和政ナポレオン[1世]ナポレオン金貨ラス・カーズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone