アオムシコマユバチ(読み)あおむしこまゆばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオムシコマユバチ
あおむしこまゆばち / 青虫小繭蜂
[学]Apanteles glomeratus

昆虫綱膜翅(まくし)目コマユバチ科に属する昆虫。アオムシサムライコマユバチともよばれる。日本全土およびヨーロッパに広く分布する。体長3ミリメートルで、体は黒色、脚(あし)は赤黄色。モンシロチョウの幼虫(アオムシ)に寄生するハチとしてよく知られている。雌バチの成虫は若いアオムシの体内に数十個の卵を産み、寄主の体内で孵化(ふか)した幼虫は寄主から養分を摂食して成長する。アオムシが十分に発育したころ、ハチの幼虫は体壁を破って体外に出て、繭をつくって蛹化(ようか)する。ハチの幼虫が体外に脱出したあとのアオムシは、蛹化できずにやがて死ぬ。[桃井節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオムシコマユバチの言及

【アオムシサムライコマユバチ】より

…アオムシコマユバチとも呼ばれる(イラスト)。膜翅目コマユバチ科に属する昆虫。…

※「アオムシコマユバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android