アカエリトリバネアゲハ(英語表記)Trogonoptera brookiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカエリトリバネアゲハ
Trogonoptera brookiana

鱗翅目アゲハチョウ科。大型で美麗種の多いトリバネチョウの1種。特に進化論で有名な A.ウォレスが発見記載したチョウとして有名。マレー半島の代表的なチョウとしても知られる。前翅の開張幅は雄で 125mm,雌で 145mm。雄は,黒地の翅の後半部にシダ植物を置いたような緑色に輝く美しい紋をもつ。雌ではそれが不鮮明になり,前翅先端近くに翅脈に沿って白色となる部分がある。雌雄とも頸部が赤く,和名の由来となっている。この赤みは胸部にもみられる。ジャングル内の川筋や,雌では樹冠部を悠然と飛ぶ。種名ブルック brookは,ボルネオ島サラワクの白人ラージャ (王) の名にちなんだもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android