コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカサビビョウキン(赤銹病菌) アカサビビョウキンPuccinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカサビビョウキン(赤銹病菌)
アカサビビョウキン
Puccinia

担子菌類サビキン目エツキサビキン科の寄生菌。コムギには P. triticinaがついて赤銹病が起る。葉片,葉鞘,穂,茎などに赤褐色ないし黄褐色の斑点を生じ,のちに黒色の斑点として銹胞子堆が現れる。ネギには P. alliiがついて赤褐病が起る。初め葉や花柄に蒼白色の斑点を生じ,やがてその中央部に橙色,のちに暗褐色の銹胞子堆を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アカサビビョウキン(赤銹病菌)の関連キーワード赤褐色赤銹病黄褐色葉片葉鞘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android