コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカシゾウ アカシゾウStegodon akashiensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカシゾウ
Stegodon akashiensis

第四紀更新世前期のゾウ。 1936年,兵庫県明石市大久保西八木海岸で化石が発見された。ステゴドンとしては小型のゾウで,臼歯 (M3) は長く,9~15の稜がある。瀬戸内海周辺地域や三重県安芸地方,新潟県,九州地方からも発見されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アカシゾウの関連キーワード明石市立文化博物館ステゴドンゾウ明石(市)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカシゾウの関連情報