コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカネズミカンガルー あかねずみかんがるー

1件 の用語解説(アカネズミカンガルーの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカネズミカンガルー
あかねずみかんがるー
rufous rat-kangaroo
[学]Aepyprymnus rufescens

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科の動物。オーストラリア東部に分布する。ネズミカンガルー類のなかでもっとも大きく、頭胴長52センチメートル、尾長38センチメートル。体の上面は赤褐色を帯びた灰色で、下面はすすけた白色である。おもに草原や森林地に生息する。夜行性で、草や種々の植物の根、地下茎などを食べる。普通1産1子で、子は育児嚢(のう)の中で育てられる。現在では数が減り、保護の対象となっている。[中里竜二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカネズミカンガルーの言及

【ネズミカンガルー】より

…腹には大きな育児囊がある。最大種アカネズミカンガルーAepyprymnus rufescens(英名rufous rat‐kangaroo)は,体長36~52cm,尾長35~40cm,最小種ニオイネズミカンガルーHypsiprymnodon moschatus(英名musky rat‐kangaroo)は,体長25cm,尾長16cm前後である。 ふつう地下に数m四方の範囲に広がる複雑な巣穴をつくって集団あるいはつがいですみ,夜活動して,植物の葉,芽,根,果実などを食べる。…

※「アカネズミカンガルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone