アカネズミカンガルー(読み)あかねずみかんがるー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカネズミカンガルー
あかねずみかんがるー
rufous rat-kangaroo
[学]Aepyprymnus rufescens

哺乳(ほにゅう)綱有袋目カンガルー科の動物。オーストラリア東部に分布する。ネズミカンガルー類のなかでもっとも大きく、頭胴長52センチメートル、尾長38センチメートル。体の上面は赤褐色を帯びた灰色で、下面はすすけた白色である。おもに草原や森林地に生息する。夜行性で、草や種々の植物の根、地下茎などを食べる。普通1産1子で、子は育児嚢(のう)の中で育てられる。現在では数が減り、保護の対象となっている。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカネズミカンガルーの言及

【ネズミカンガルー】より

…腹には大きな育児囊がある。最大種アカネズミカンガルーAepyprymnus rufescens(英名rufous rat‐kangaroo)は,体長36~52cm,尾長35~40cm,最小種ニオイネズミカンガルーHypsiprymnodon moschatus(英名musky rat‐kangaroo)は,体長25cm,尾長16cm前後である。 ふつう地下に数m四方の範囲に広がる複雑な巣穴をつくって集団あるいはつがいですみ,夜活動して,植物の葉,芽,根,果実などを食べる。…

※「アカネズミカンガルー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android