コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカンサス文 アカンサスもんacanthus

翻訳|acanthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカンサス文
アカンサスもん
acanthus

西洋の伝統的な植物文様の一つ。アカンサスはヨーロッパ南部原産の植物で鋸歯状縁の葉に特色がある。ギリシア建築でその葉をかたどったコリント柱頭 (前6世紀) が造られたのをはじめ,ギリシア・ローマ時代の建築装飾や工芸品の文様として多用された。その後変形しながらヨーロッパの伝統文様の一つとなって今日も用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アカンサス文の関連キーワードコンポジット式オーダーアカンサス文様アラ・パキスコリント様式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android