コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカンサス文 アカンサスもんacanthus

翻訳|acanthus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカンサス文
アカンサスもん
acanthus

西洋の伝統的な植物文様の一つ。アカンサスはヨーロッパ南部原産の植物で鋸歯状縁の葉に特色がある。ギリシア建築でその葉をかたどったコリント柱頭 (前6世紀) が造られたのをはじめ,ギリシア・ローマ時代の建築装飾や工芸品の文様として多用された。その後変形しながらヨーロッパの伝統文様の一つとなって今日も用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アカンサス文の関連キーワードコンポジット式オーダーアカンサス文様アラ・パキスコリント様式

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android