コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガニャ Agaña

世界大百科事典 第2版の解説

アガニャ【Agaña】

西太平洋,アメリカ領のグアム島西岸,アガニャ湾に面するグアム島の主都。人口1100(1990)。もとはチャモロ族によってつくられた村で,17世紀のスペイン人宣教師サンビトレスの記録によれば,この地には大きな家屋50戸と,小さな家150戸があったという。両者は社会的に分離され,後者には低い身分の者が住んでいた。同島は1941年から3年間日本軍によって占領されたが,この間の日米両軍の戦闘と戦後の台風によって町は完全に破壊された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアガニャの言及

【グアム[島]】より

…現在は内務省の管轄下にある。主都は西海岸に面するアガニャで,その西には天然の良港で海軍の基地となっているアプラがある。空軍基地は北部のアンダーソンはじめ,島内数ヵ所に置かれている。…

※「アガニャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アガニャの関連キーワードグアム島の戦いハガニア

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android