アクセス容易性(読み)あくせすよういせい(英語表記)accessibility

翻訳|accessibility

図書館情報学用語辞典 第5版「アクセス容易性」の解説

アクセス容易性

図書館のパフォーマンス測定を構成する概念の一つで,『JIS X 0812 図書館パフォーマンス指標』によれば,“サービス又は設備への到達及び利用の容易さ”.図書館があっても開館時間が短ければアクセス容易性は低い.また,レファレンスサービスカウンターがあっても係員が始終不在である場合も同様である.情報技術の分野においては,高齢者や障害者を含めたすべての人々にとってのソフトウェアやウェブサイト等の利用の容易さをいう.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android