コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクタ・アポストリカエ・セディス Acta Apostolicae Sedis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクタ・アポストリカエ・セディス
Acta Apostolicae Sedis

教皇庁の公式機関紙。日本では『使徒座公報』と呼ばれ,AASと略記される。 1908年9月 29日創刊。教皇庁の公布する法規の掲載を目的として月2回発刊されていたが,現在では教皇および教皇庁諸機関の文書や活動を報道している。法令などは,この公報に発表された時点をもって公布されたものとみなされ,発行日から3ヵ月で効力を発する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アクタ・アポストリカエ・セディスの関連キーワード教皇庁

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android