コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチュラ Yusuf Akçura

世界大百科事典 第2版の解説

アクチュラ【Yusuf Akçura】

1876‐1935
パン・トルコ主義の鼓吹者。ロシア生れのタタール人。ユスフ・アクチュラともよばれる。パリ,イスタンブールで学び,ロシア帝国議会にも参加した。のち,トルコに亡命し,雑誌《母国トルコ》などで活躍。その主著三つの政治形態》(1904)は,トルコ帝国再建の方策として,オスマン主義,パン・イスラム主義,パン・トルコ主義(トゥラン主義)の三つの可能性を検討している。結論としてパン・トルコ主義が帝国内部のトルコ人とロシアなど国外に住む同胞を結集する最良の理念であることを強調している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アクチュラの関連キーワードユスフ・アクチュラジヤ・ギョカルプジヤ・ギョカルプ汎トゥラン主義

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android