コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同胞 ドウホウ

5件 の用語解説(同胞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どう‐ほう〔‐ハウ〕【同胞】

《「どうぼう」とも》
同じ父母から生まれた兄弟姉妹。
同じ国土に生まれた人々。同じ国民。また、同じ民族。「海外で働く同胞を支援する」

はら‐から【同胞】

《古くは「はらがら」》
同じ母から生まれた兄弟姉妹。また、一般に兄弟姉妹。
同じ国民。どうほう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

同胞(はらから)

1975年公開の日本映画。監督・原作:山田洋次、脚本:朝間義隆、美術:佐藤公信。出演:倍賞千恵子、寺尾聰、大滝秀治、下絛アトム岡本茉利、赤塚真人、市毛良枝ほか。第30回毎日映画コンクール美術賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どうほう【同胞】

〔「どうぼう」とも〕
祖国を同じくする者同士。同じ国民。同じ民族。 「 -あい争う」
同じ母から生まれた兄弟姉妹。はらから。

はらから【同胞】

母を同じくする兄弟姉妹。また、一般に兄弟姉妹。 「島にかへる娘二人は-らしく/源おぢ 独歩」 「親族うがら-/万葉集 460
同じ国民。同胞どうほう

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同胞の関連キーワード茶道坊主東方同法洞房ぼうぼう両方道傍不動坊リウボウリウボウカード《セゾン》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同胞の関連情報