山内(読み)さんない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山内
さんない

秋田県南東部,横手市東部の旧村域。東は岩手県に接し,雄物川の支流旭川の上流にあたる。 1889年村制。 2005年横手市,増田町,平鹿町,雄物川町,大森町,十文字町,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。大部分は林野で,旭川の浸食谷内にわずかに水田が開発され米作が行なわれるが,林業が主産業。木材のほか,クリ,ナメコ,山菜などの林産物がある。酒造の季節には県内外に働きに出る山内杜氏で知られる。岩野目川上流に相野々ダムがある。

山内
やまうち

佐賀県南西部,武雄市西部の旧町域。黒髪山,黒岳,神六山など 200~600m級の山々に囲まれた盆地にある。 1954年住吉村と中通村が合体して山内村となり,1955年武雄市武内町の一部を編入,1960年町制。 2006年武雄市,北方町と合体。農林業が主で,チャ (茶) ,ミカンの栽培,畜産が行なわれる。有田町を中心とする窯業地域の一部をなし,国指定史跡の肥前磁器窯跡がある。北西部は黒髪山県立自然公園に属し,黒髪山のカネコシダ自生地は国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐ない【山内】

山の中。山中。
境内

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんない【山内】

山の中。山中。
寺の境内。寺内。

やまのうち【山内】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の山内の言及

【炭焼き】より

…滋賀県の比良山系周縁には,鉄滓(てつさい)の散布する多くの古代製鉄遺跡があるが,それらの付近に〈金糞(かなくそ)松ノ木〉とか,〈九僧谷(くそだに)〉(金糞谷の転訛か)と隣接して〈炭焼〉という地名が残存するのも,これと無関係ではない。中国山地の砂鉄精錬は,鉄穴(かんな),炭山,韛(たたら),鍛冶屋の4部の山内(さんない)という特異な組織をもったが,そこにも炭焼きは重要な位置を占めていた。しかし,彼らの仲間には旅職を主とした金屋(かなや)集団に加わって,つねに深山に漂泊する一団もあった。…

【たたら(鑪∥踏鞴)】より

…それがしだいに高殿と記される炉をもった作業施設がつくられ,定着するようになった。たたらを中心とする山内(さんない)にはたたら師,鍛冶師,炭焼きなどが住み,経営者との間に親方子方関係を結び山子(やまこ)として働いた。たたら師は鉱山関係者のなかでもとくに信仰や伝承が多く,かつ古いものが残されている。…

※「山内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山内の関連情報