アクロティリ遺跡(読み)アクロティリイセキ

デジタル大辞泉の解説

アクロティリ‐いせき〔‐ヰセキ〕【アクロティリ遺跡】

AkrotiriΑκρωτήρι》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶティラ島サントリーニ島)の南端にある、クレタ文明時代の古代都市の遺跡。紀元前1500年頃の大噴火による火山灰で埋没したと考えられている。1967年の発掘調査で保存状態のよいフレスコ壁画をはじめ、土器青銅器などが発見され、高度な文明を築いていたことが明らかになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアクロティリ遺跡の言及

【サントリニ[島]】より

…この軽石,火山灰はデイサイト質で,ポゾランセメントの材料としてスエズ運河建設にも大量に使用された。ギリシアの考古学者マリナトスS.Marinátos(1901‐74)らはティラ島でこの軽石に埋積された古代都市(アクロティリ遺跡)を発掘し,この大噴火でミノス文明が破滅的な被害を受けたことを明らかにしている。ギリシアの哲学者プラトンが記した失われた大陸アトランティスの伝承(アトランティス伝説)は,この大噴火による悲劇を伝えるものだと信ずる人もいる。…

※「アクロティリ遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクロティリ遺跡の関連情報