コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグラハス海流 Agulhas Current

1件 の用語解説(アグラハス海流の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

アグラハス海流

インド洋の南半球亜熱帯循環の西縁を構成する強大な海流。モザンビーク海峡を通る部分をモザンビーク海流とも呼ぶ。海峡を抜けた後、沖合いの流れも合わせ て、海岸沿いにアフリカ南端のアグラハス岬に達する。アフリカ南端で流向を南へ変え、大部分の水は東に転じて南極海流の一部を構成する。一部は大西洋に入 りアフリカ西岸沿いに北上するベンゲラ海流に合流する。アフリカ南端付近での海況は非常に変動性に富み、大小の渦が常に存在している。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグラハス海流の関連キーワード亜寒帯海流アリューシャン海流黒潮東オーストラリア海流フロリダ海流南半球亜熱帯林亜寒帯循環亜熱帯前線亜熱帯循環

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone