アザリヤ(英語表記)Azariah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘブライ語で「主は助けたもうた」の意。その名は『歴代志』『ネヘミア記』『エズラ記』『エレミヤ書』などに多くみられる。おもな人物をあげると (1) ユダの王ウジヤと同一人 (列王紀下 14・21,15・1) ,(2) ソロモン時代の高官,大祭司ザドクの子 (同上4・5) ,(3) レビの子,コハテの孫,預言者サムエルやヘマンの先祖 (歴代志上6・36) ,(4) アサ王の宗教改革の際,王を力づけた預言者 (同下 15・1~8) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android