コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アショカ王 アショカオウ

デジタル大辞泉の解説

アショカ‐おう〔‐ワウ〕【アショカ王】

《〈梵〉Aśoka》前3世紀ごろ、古代インドのマウリヤ朝第3世の王。カリンガ国を征服し、ほぼ全インドを統一。仏教を保護・奨励し、第3回の経典結集(けつじゅう)を行った。阿育王。阿輸迦(あしゅか)王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アショカ王の関連キーワードエミール・C.M. スナールブッダの菩提樹(ぼだいじゅ)サーンチーの仏教建造物群シュエモードーパゴダカーティアワール半島スリーマハー菩提樹シャーバーズガリーアムバスタレー大塔ファルーカバードダルマラージカーマハーサーヤ大塔ブラーフミー文字プラークリット語パーンディヤ朝ビダーナサウダサールナートミヒンタレーアラハバードカリンガ国ストゥーパ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android