アショーカ王(読み)アショーカおう(英語表記)Aśoka

  • 阿育王

翻訳|Asoka

旺文社世界史事典 三訂版の解説

生没年不詳
インドのマウリヤ朝第3代の王(在位前268〜前232 (ごろ) )
チャンドラグプタの孫。半島南部を除き全インドを初めて統一したが,カリンガ(現オリッサ地方)征服戦に10万の死者を出したことに悔悟して仏教に帰依し,勝利の絶頂にあって戦争を放棄した。政治理念は仏法による平和を理想とし,これを磨崖 (まがい) や石柱に刻み,また第3回仏典結集 (けつじゆう) を援助した。王の時代に仏教はセイロン(現スリランカ)に伝えられた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アショーカ王の関連情報