アショーカ王(読み)アショーカおう

大辞林 第三版の解説

アショーカおう【アショーカ王】

Aśoka〕 インド、マガダ国の王でマウリヤ朝の第三代の王。紀元前三世紀頃、初めてインドを統一。仏教に帰依、法(ダルマ)を統治の理想とし、それを各地の磨崖碑や石柱碑に刻んだ。仏典の第三回結集けつじゆうを行なったと伝えられ、理想の帝王とされる。アシュカ。阿育あいく王。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アショーカ王の関連情報